ヘルニアなど日帰り外科手術 宮城はもちろん、青森・秋田・山形・岩手・福島からもどうぞ。

安心・信頼の日帰外科手術むらた日帰外科・WOCクリニック

  • 電話 022-395-8614
  • ご予約・ご相談 お気軽にどうぞ 022-395-8614
  • メール
  • 初診予約
  • アクセス

脱腸(そけいヘルニア)について

脱腸(そけいヘルニア)とは?

「そけい(鼠径)」とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
「そけいヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。

脱腸(そけいヘルニア)とは?

放置しておくと、生死にかかわる状態になることもあります

初期症状は、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。太ももや足のつけね(鼠径部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。
症状が進むと「飛び出した腸がもとに戻らなくなる」カントンという生死にかかわる状態になることもありますので、早期発見、早期治療をお勧めします。

なりやすい人

40歳以上、特に60歳前後の男性に多くみられます。
女性の場合は男性に比べ少ないですが、20~40歳のそけいヘルニアが多い傾向があります。

なりやすい人の特徴

  • 男性・特に40歳以上
  • 咳をよくする
  • 出産経験が多い
  • 出産後
  • 煙草を吸う
  • お腹に力がかかる仕事をしている

  • 立ち仕事に従事している
  • 過激な運動をする
  • 肥満体型
  • 便秘症
  • 喘息
  • 慢性肺疾患

治療方法

日常生活にすぐに復帰できる「日帰り手術」が可能です!

そけいヘルニアは、手術のみが根治的な治療方法で、薬や注射で治ることはありません。手術は、ヘルニア嚢(のう)を周囲の組織から分離し、飛び出したヘルニア内容をお腹の中に戻して、その出口であるヘルニア門を塞ぐことを順次行います。以前はヘルニア門を塞ぐために、筋肉や筋膜を縫い合わせていましたが、最近はヘルニア門の閉鎖に人工素材(メッシュ)が使われるため、術後の安静も必要なく、緊張や痛みが少ないため、日常生活にすぐに復帰できる「日帰り手術」が可能になりました。
ヘルニアバンドは手術が行えない事情がある場合に、ヘルニアの脱出を押さえるために使用されますが、これで治ることはありません。

診療予約・ご相談など
お気軽にご連絡下さい
看護師随時募集中 お気軽にお問い合わせ下さい