ヘルニアなど日帰り外科手術 宮城はもちろん、青森・秋田・山形・岩手・福島からもどうぞ。

安心・信頼の日帰外科手術むらた日帰外科・WOCクリニック

  • 電話 022-395-8614
  • ご予約・ご相談 お気軽にどうぞ 022-395-8614
  • メール
  • 初診予約
  • アクセス

クリニックについて

院長紹介

院長 医学博士 村田 幸生(むらたゆきお)

院長 医学博士
村田 幸生(むらたゆきお)

所属学会

日本外科学会・日本消化器外科学会・日本臨床外科学会・日本癌治療学会・日本癌学会・日本形成外科学会・日本大腸肛門病学会・日本内視鏡外科学会・日本静脈経腸栄養学会・日本外科感染症学会・日本短期滞在外科研究会・日本ヘルニア学会・日本脈管学会・日本静脈学会・日本褥瘡学会

院長からのメッセージ

当院は日帰り手術に特化した鼠径ヘルニア専門の無床クリニックとして
あすと長町メディカルプラザに2012年10月1日開院しました。

取り扱う主な疾患はそけいヘルニア、俗に言う脱腸です。その他、下肢静脈瘤や痔なども可能な限り行っています。日帰り手術のメリットとして、日々の日常生活を変えることなく手術が可能であること。入院するという精神的不安がないこと。入院に伴う医療費がかからないことなどです。手術に関しては、土日も行っていますので気軽にご相談下さい。

鼠径ヘルニア専門クリニック

鼠径ヘルニア(脱腸)の65%は50歳以上の方です。そして、男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠径ヘルニアになる可能性があります。日本全国の1年間に行われる消化器外科手術の第一位がそけいヘルニアです。有名な盲腸(虫垂炎)、胆石、そして癌(胃癌、大腸癌など)をよりはるかに多く、身近な疾患です。良性の病気ですが、手術でしか治すことが出来ません。
そして医学は日進月歩で進化しています。現在では、身体に負担の少なく安全な術式が確立されています。今までは“手術=入院”が常識でしたが、“日帰り手術”が可能となりました。当院は東北で初めての鼠径ヘルニア専門クリニックとして数多くの鼠径ヘルニア手術を行っております。

毎年50万人に発症する鼠径ヘルニアですが、実際手術を受けているのは16万人です。約7割の患者さんがまだまだ手術を受けられていない、もしくは受診すらできていない状況です。
鼠径ヘルニアは手術でしか根治できません。適切な時期に、適切な治療を受けなければ、嵌頓(かんとん)という命にかかわる状態に進行することがあります。
いつ、誰に、どんな時に、嵌頓が起こるかは分かりません。
下腹部、足の付け根に膨らみや痛み、違和感がある方は是非お気軽にご相談ください。
鼠径ヘルニアは、日帰り手術で根治が可能です。
鼠径ヘルニア専門クリニックだからこそあなたのご希望にお答え致します。

学歴

平成03(1991)年 3月
福島県立磐城高等学校卒業
平成09(1997)年 3月
聖マリアンナ医科大学医学部医学科卒業
平成09(1997)年 4月
医師免許取得
平成18(2006)年 3月
東北大学医学系研究科外科病態学生体調節外科大学院卒業
医学博士取得

職歴

平成09(1997)年 5月
都立駒込病院 外科臨床研修医
平成11(1999)年 5月
都立駒込病院 外科専門臨床研修医
平成18(2006)年 4月
県北医療センター高萩協同病院 外科科長
平成18(2006)年 7月
宮城社会保険病院 外科医長
平成20(2008)年10月
石巻市立病院 外科副部長
平成24(2012)年 1月
石巻赤十字病院 外科副部長
平成24(2012)年10月
むらた日帰り外科手術・WOCクリニック開業

医院詳細

医院
院長 医学博士
村田 幸生
むらたゆきお
住所 〒982-0007
宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目2-1 2F
電話番号 022-395-8614(8614=ハローおイシャさん)
診療科目 脱腸(そけいヘルニア)
下肢静脈瘤

巻き爪
乳腺腫瘤
皮膚しこり
やけど
うちみ
切り傷・擦過傷など
たこ
いぼ
うおのめ などの外科疾患
WOCクリニック(人工肛門や褥瘡などの処置・管理)※完全予約制
診療時間 【午前】8:30~12:30
【午後】14:00~18:00
■休診日金曜日・土曜、日曜午後・祝日
※土日受診希望者はご予約ください

診療予約・ご相談など
お気軽にご連絡下さい
看護師随時募集中 お気軽にお問い合わせ下さい