鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)・下肢静脈瘤・痔など日帰り外科手術 宮城はもちろん、青森・秋田・山形・岩手・福島からもどうぞ。

安心・信頼の日帰外科手術むらた日帰外科・WOCクリニック

  • 電話 022-395-8614
  • ご予約・ご相談 お気軽にどうぞ 022-395-8614
  • メール
  • 初診予約
  • アクセス

日帰り手術

日帰り手術について

“手術=入院”ーそんなイメージを払拭します

「日帰り手術」は長期に家を空けられない方にとって日常生活のリズムをあまり崩さない、または早期に職場や家庭、学校に復帰できるなど、時間に制約されやすい現代に大変有益な治療方法です。 その背景には、手術や麻酔の方法、医薬・医用器財の開発などにより、入院しないとできなかった手術が日帰りでできるようになりました。

  • 仕事で多忙な方
  • 予定がなかなか組めない自営業の方
  • 子育て中のお母さん
  • 介護を誰かに頼めない方
  • 時間はあっても、何日も家を空けられない方

上記のような、今までなかなか時間が取れない為に手術に踏み切れず、症状に悩まれていた方、ぜひ当院にご相談下さい。 日常生活の犠牲を可能な限り少なく、きちんと治して、元の生活に早期に復帰する、お役に立てれば幸せです。

日帰り手術が可能な疾患や症状

鼠径(そけい)ヘルニア

いわゆる脱腸の事です。成人のヘルニアは、「クーゲル法」及び「ダイレクトクーゲル法」等の術式を症例に合わせて選んで行います。 小児の鼠径ヘルニアは、「ポッツ法」で行います。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は症状によって治療法は異なりますが、当院では標準的なストリッピング手術・硬化療法を行うことができます。痛みや傷痕もごく僅かで、短時間で手術でき、術後すぐ歩くことが可能です。

脱出を伴う内痔核(いぼ痔)にはジオン注を行います。 切らずに治す注射療法で、治療時間は約10分で、治療に伴う痛みも僅かで手術と同程度の治療効果があります。

WOCクリニック

専門の皮膚・排泄ケア認定看護師と共にやる人工肛門専門外来です。Wはwound(創傷)、Oはostomy(人工肛門)、Cはcontinence(失禁)の略です。

訪問栄養食事相談

ご自宅で療養生活を送っている方に、管理栄養士がご自宅を訪問し「食事」や「栄養」についてのご相談に応じます。

お尻の悩み

仕事や出産、便秘など、忙しい生活はおしりの病気が起こりやすいもの。簡単なチェック診断を作りました。

脱腸(そけいヘルニア)とは?

「そけい(鼠径)」とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
「そけいヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。

手術に年齢制限ありません
(現在の最高年齢97歳)
他院で年齢を理由に手術をお断りされた方も
ご相談くださいませ。

Dr.村田H G S(日帰・外科・手術)!

こちらは過去、情報誌のりらくで掲載された内容です。
治療についての考えやよくあるご質問なども記載しております。ぜひ、時間がある際にご一読ください。
※詳細はPDFファイルで閲覧いただけます。

第1回日帰り外科手術で
時短診察を

東北初の日帰り手術を行っている「むらた日帰…

第2回そけいヘルニア
原因と症状 あれこれ

そけいヘルニアって子供の病気?と思いがちで…

第3回そけいヘルニア
手術前の予約と
診察プロセス

足の付け根あたりにふくらみを感じ、あれっ?…

第4回そけいヘルニア
手術前日の夜まて
いつも通りの生活を

外科手術は、入院をする場合は手術前日の夜か…

第5回そけいヘルニア
多様な手術方法で
負担を軽減

従来のそけいヘルニアの手術法は、患部を糸で…

第6回Dr.村田のHGS!
<麻酔>

麻酔は年齢、男女、体格など、一人一人に合わ…

第7回そけいヘルニア
知って安心
合併症の内容

そけいヘルニアの合併症として考えられるのは…

第8回そけいヘルニア
手術当日の流れ
鎮痛剤の重要性

平日の手術は午前中に2回(①8:30来院9…

第9回そけいヘルニア
自宅での過ごし方と
術後の外来診察

そけいヘルニア日帰り手術は入院の必要がなく…

第10回そけいヘルニア
金曜日夕方6時からの
イブニング手術

平日の日帰り手術と並行して、土日・祝日にそ…

第11回そけいヘルニア
再発

むらた日帰り外科クリニックでは、当院以外で…

第12回在宅医療で
活躍爪の
専門家福祉ネイリスト

東北初の日帰り外科手術を始めた「むらた日帰…

1

日帰り外科手術で時短診察を

Dr. 村田の HGS! ( 日帰り・外科・手術 )
りらく記事1 写真

東北初の日帰り手術を行っている「むらた日帰り外科手術・WOC クリニック」は 2012 年 10 月 1 日、あすと長町に開院しました。“日帰り手術を行う病院を東北にも” という村田幸生院長の熱い思いは、震災後の患者さんにとってきびしかった医療活動の内容や質に感じた疑問から実現しました。入院をしない手術は毎日の仕事や家庭生活のスケジュールをコンパクトに調整できる、東北ではなかったクリニックです。特にお年寄りの方の負担はとても軽くなるでしょう。手術の対象は、そけいヘルニア(脱腸)、痔、下肢静脈瘤などになります。

先生がドクターへの道へ進んだのは、おじい様からかけられていた言葉からとのこと。「格好よくてやさしい祖父から、大きくなったら医者になってほしいと会うたびに言われてたんですね。」ドラマなどでみた救急医療に憧れて研修に打ちこんだ村田先生ですが、目が向いたのは日々の大なり小なりの「辛い」という症状をかかえている大勢の患者さんでした。村田院長ご自身が小児ぜんそくを経験されており、夜中に近所の町医者のドアをたたいてはその都度に診てもらった安心感が子供心に感動したこととリンクします。少しの痛みと辛さでも、本人にとっては心身ともにきついこと。だからこそ多くの患者さんを引き受けられる日帰り手術を選ばれたそうです。今年5月から受け始めた午後7時からの手術(金曜日のみ)は、会社帰りの手術で深夜 12 時前後には帰宅でき、土日は療養にあてられることで喜ばれています。

今月から 12 回にわたって「むらた日帰り外科手術 WOC クリニック」の診察内容をはじめ、院長からのアドバイス情報などをお送りしていきます。9月号は、成人男性に多い「そけいヘルニア」について、原因と症状、手術方法についてご紹介します。

2

そけいヘルニア原因と症状あれこれ

りらく記事2 写真

そけいヘルニアって子供の病気?と思いがちですが、むしろ 40 代~60 代の成人男性に多くみられる良性疾患です。子供のヘルニアは自然に治る可能性もありますが、成人の治療には手術が必要になってきます。

実は、誰でも赤ちゃんの時におなかの中で閉じる穴があります。その閉じていた穴の組織が加齢に伴って弱くなってくることが原因の多くにあたります。重い荷物を持つなどでおなかに力がかかることをきっかけに、下腹部から足の付け根(そけい部)にかけた部分から腹膜が飛び出してくるのが大人のそけいヘルニアです。一般に脱腸と呼ばれます。運動のためと思ってハードなトレーニングを行った結果おなかに負担がかかり、発症することもあります。はじめは立った時とおなかに力が入った瞬間にふくらみに気付くことが多く、その時に痛みを感じなければあわてなくて大丈夫です。しかし時間の経過とともに痛みだしたり指で押してももどらなくなったりと、腫れが急にかたくなったりもします。その場合は緊急手術を要することになります。そけいヘルニアの症状がありましたら、症状がすすむ前に早めに診察を受けられることをおすすめします。心身の余裕のためにも一番の早道です。

そけいヘルニア Q&A

他にも日常生活で気をつけたほうがいいことはありますか?
くしゃみ、咳をしやすい方は下腹部に負担がかかるので注意が必要です。
便秘をしないことも大切ですね。また喫煙は細胞の組織をもろくさせるのでリスクがあがります。
おなかに力がかかる仕事、また美容師さんのように立ち仕事の長い方もなりやすくなってきます。

読者の皆様からのご質問に誌面上で村田先生がお答えします。編集室までおハガキでお送りください。そけいヘルニアの他、下肢静脈瘤、痔、巻き爪、やけど、床ずれについてもお寄せください。

3

そけいヘルニア手術前の予約と診察プロセス

足の付け根あたりにふくらみを感じ、あれっ?と気づく「そけいヘルニア」。症状による手術の必要性を判断するために、初診は次のような流れで診察を進めていきます。

  • [問診]患者さんの自覚症状をしっかりと聴く。
  • [視診]立った状態でのふくれ具合を見る。
  • [触診]患部を触って大きさや硬さなどを確認。
  • [超音波検査]横になっておなかに力を入れてもらい、ふくらみのある場所を超音波で観察。医師と一緒に患者さん自身もモニターを見ながら確認。

以上の診察後、手術のための心電図、血液検査を行い、予定日を決めて同意書にサインをしていただき終了になります。

初診はお電話で予約されるとスムーズです。直接お越しの場合は午後2時から受け付けています。また、県外など遠方からの来院が困難な方は、電話での問診を村田先生と充分に重ねた上で、手術の予定を組む方法にも対応しています。どうぞご相談ください。

「はじめの問診では、きめ細やかにご説明をします。手術が決まった患者さんには、実際の施術の写真画像をみてもらうことで視覚情報でも納得していただいています。写真には出血などは写っていませんが、気のすすまない患者さんにはもちろんお見せしませんのでご安心ください」。日帰りの手術によって、患者さんが抱えるそれぞれの症状から一日でも早く解き放されることを目指しています。

そけいヘルニア Q&A

診察は今月に予約し、手術は3ヶ月後の長期休暇に行いたいと思っているのですが、間が長くあいてしまっても大丈夫ですか?
問題ありません。ただ時間の経過で症状が変化しますので、術前の検査(心電図、血液検査)は1週間位前に行います。ご希望の手術日を予約するために早めに初診に来られることは有効です。海外からは、帰国に合わせて診察と手術日の予約をする方もいます。
りらく記事3 写真1

学会への論文、そして外科手術の症例を発信し続けている村田先生。日帰り外科手術でひとりでも多くの患者さんに質の高い技術を提供したいと話す。

りらく記事3 写真2

皮膚・排泄ケア認定看護師の熊谷英子統括看護部長(右)と小野寺紀文事務次長。
2人の連携により在宅ケア、往診、訪問看護の最新のケアと安心を患者さんへ。熊谷看護師の " いつでもどこでも素敵なあなたの笑顔が見たいから " という思いが笑顔にあふれているよう。

4

そけいヘルニア手術前日の夜までいつも通りの生活を

外科手術は、入院をする場合は手術前日の夜から絶食と点滴になりますが、「日帰り外科手術」では手術前夜まで日常生活通りに過ごしていただけます。夕食も何時までという制限はありません。もちろん食べていけないものはありませんが、暴飲暴食はしないように気をつけてください。常用している薬も決められた回数をお飲みいただきます。服用できない薬の種類は特にはありません。例えば、血液をサラサラにする抗血小板薬も大丈夫です。気になるアルコールですが、こちらも控えめであればかまいませんので程々で楽しんでください。水分の摂取は全く制限ありません。

手術に臨むために一番大切なことは、体調管理です。熱、咳がでるなど、症状によっては延期になることもありますので、風邪をひいた時には必らず連絡をしてください。予定通り行うためにも睡眠不足の状態が続かないように日々を過ごすことが重要になります。普段から睡眠導入剤を飲まれている方は、いつも通りに服用してください。緊張での寝付きが心配という患者さんには、ご希望であれば軽い睡眠導入剤を1回分処方します。お風呂に入ってリラックスしてから就寝前に服用し、ゆっくりお休みください。

夜の7時からのイブニング手術(金曜日)は、当日の昼食と薬の服用まで普段通りになります。おなかが空かれるようでしたら、5時前までになら軽食をとられても結構です。

そけいヘルニア Q&A

お酒は、どんな種類でも飲んでいいのですか。
どんなお酒でも飲んでいただいて大丈夫です。入院の手術と違って、日帰りの外科手術は少量のお酒であれば禁止にはなりません。
女性で特に必要なことはありますか。
マニキュアとペディキュアはできるだけおとしてください。指にクリップをつけるためです。男性、女性どちらも手足の爪を切っておいてください。その他は特にありません。
りらく記事4 写真1

楽天イーグルスとベガルタ仙台の大ファンの村田先生。一人でも多くの患者さんに向き合うためのエネルギー源!

りらく記事3 写真2

明るいナースのみなさん。活き活きとした笑顔でポーズをとってくれました

5

そけいヘルニア多様な手術方法で負担を軽減

従来のそけいヘルニアの手術法は、患部を糸で縫って塞ぐ方法でした。糸で縫うということは術後のつっぱり感が大きく、それに伴う痛みが強くなるために長期の入院が必要とされていました。現在は高度な技術による「日帰り外科手術」と医療用器材の開発などによって、より痛みが軽減される手術が可能になり、日常生活に早くもどることができます。

そけいヘルニアには3つの種類があります。次のような場所と穴の大きさによって手術法が決まります。

  • 外そけいヘルニア=そけい靱帯の上の外側から出てくるヘルニア。子どもを含めて一番多い。
  • 内そけいヘルニア=そけい靱帯の上の内側からでてくるヘルニア。
  • 大腿ヘルニア=そけい靱帯の下(足の付け根部分)から出てくるヘルニア。出産を経験した女性に多くみられる。

手術法には、腹膜を形状維持リングに縁取られた円形メッシュで上から覆う「ダイレクトクーゲル法」、筋肉の弱い部分にメッシュを入れてヘルニアの出口をふさぐ「メッシュプラグ法」があります。どちらの手術法も30 分~1時間で終了になります。また子どもや女性で穴がごく小さい場合には、穴に近い部分を糸で巾着状に縫合するだけで塞ぐことができる「高位結さつ術」で処置します。異物が入ることがなく糸も6ヶ月~8ヶ月で溶けるので、将来の妊娠を考える方にはとても優しい手術法になります。

そけいヘルニア Q&A

使用されるメッシュの素材が体に合わないことはありますか。
ポリプロピレン製は 50 年程前から使用されていますので大半は問題ありません。もしアレルギー反応が確認された場合は糸のみで縫合します。
りらく記事5 写真

「日帰り手術も入院も、同じく痛み止めを飲んでいただきますが、入院の場合、術後は横になっている時間が長いことで体力が落ちたり、高齢の方は寝たきりへのリスクもゼロではありません。日帰り手術で当日にご自宅に帰っていただき、いつもの生活に早めにもどって、リラックスして快復につなげていってほしいですね」

穴をふさぐメッシュは手術法によって使い分けます。中央の円錐形のメッシュは、小さい穴に用いられる特にやわらかい素材。花びらに似た形は穴にしっかりフィットする二重構造。また、年内には素材が軽く術後の痛みがかなり楽になる、自然に溶ける形状記憶のリングを使用した手術が日本でも始まります。

6

綿密な調整で進める体にやさしい麻酔方法

りらく記事6 写真1

麻酔は年齢、男女、体格など、一人一人に合わせた方法と量の加減で行われます。種類は3種類。マスクによる全身麻酔、おなか周りのための局所麻酔、また、個人差で痛みに敏感な方や男性には硬膜外麻酔(短時間に少し深く効かせる麻酔)を追加することもあります。特に高齢の方には、体の負担が小さくなるように全身麻酔と局所麻酔の量のバランスを綿密に調整します。日帰り外科手術の全身麻酔は、オフにして名前を呼べばすぐに答えられる程の浅いものなので、手術後にスムーズに目が覚めます。麻酔法は手術前の診察と体調問診で決定しますので、緊張がとれないようでも心配はいりません。表情などからも充分考慮しますので、気持ちもやわらいでもらえるでしょう。傷口を閉じる前に麻酔が覚めるタイミングをもっていき、その時「おなかに力をいれてください」「咳ばらいをしてください」と、お呼びかけしますので、頑張ってやってみてください。シートがきちんとフィットして脱腸を抑えているかを確認でき、再発予防になります。そして麻酔薬を酸素に切り替えて縫合し、終了です。間もなく痛みのない状態で目が覚め、痛み止めを飲んで 1 時間から2時間、回復室で休んでいただきます。看護士と一緒にふらふらしないでトイレに行ける状態を確認できればもうお帰りいただけます。

そけいヘルニア Q&A

手術創(縫合された傷)の長さは何センチくらいですか。
昔は 6 ㎝位が平均でしたが、シートが使えるようになってからは男性で2㎝~3 ㎝、女性が 1,5 ㎝~2㎝ほどです。体格が大きい方は、男女それぞれ、プラス 1 ㎝位になります。
家に帰ってからは、あまり動かずに静かに過ごしていればいいのですか。
日帰り外科手術は、手術したことを気にせずに日常生活ができる高度な手術です。術後の痛みは3日程でほとんどおさまるので、力仕事以外は普通に動いていただいて大丈夫です。辛い痛みを感じなければあえて慎重になる必要はありません。

~お知らせ~
平成 29 年1月から祝日も日帰り外科手術を行います。
休日は学会に合わせた不定休になります。電話、ホームページでご確認をお願い致します。

りらく記事6 写真2

「手術前の診察の流れは、血圧、体調問診、術衣に着替えて貴金属類をはずし、心電図、サチュレーション(指先で酸素飽和度を計る)、点滴(静脈麻酔と鎮静剤)となります。何か不安なことなどがあれば、その時に伺います。手術後は1週間分の痛み止め、胃薬を処方しますので、充分に間に合います」

7

そけいヘルニア知って安心合併症の内容

りらく記事7 写真1

そけいヘルニアの合併症として考えられるのは、手術中は血圧の上昇と下降、出血。手術直後では、寝不足や深酒などの影響でなかなか目が覚めない、無呼吸、出血等があります。手術前日は少量のお酒は大丈夫ですが、飲み過ぎには注意してください。徹夜も体に負担がかかります。手術中の出血に関しては、止血剤が入った局所麻酔を使用するなど予防に努めていますので、発生率は極めて低いものです。術中の呼吸についても、呼気の二酸化炭素をモニタリングしながら、麻酔を細かく調整することで管理します。睡眠時無呼吸の患者さんにも有効です。

帰宅後の痛みの感じ方には個人差がありますが、1日~2日でかなり治まり、長くても3日程度でしょう。手術当日から1週間分の鎮痛剤と座薬を処方しますので、日常生活は殆ど心配ありません。痛みが原因で血圧が上がると内出血につながることもありますが、そのような懸念も1ヶ月以内になくなってきます。血液をサラサラにする薬を飲んでいる場合の内出血は2週間ほどで治まりますので、手術のために薬を止めることは指示しておりません。初めに詳しく説明しますので、安心して臨んでいただけます。

また、手術前のヘルニアの箇所に血液が溜まる皮下血腫は腫れと似ています。再発かと思ってしまうことがありますが、驚かなくて大丈夫です。血液のかたまりなので1ヶ月位で徐々に固くなった後、2~3ヶ月かけて自然に溶けて吸収され、完全になくなります。外来でも経過観察する程度です。長引く場合は超音波検査をしますが、これまで再発に至った症例はありません。手術は神経にさわらない高度な技術ですすめていきます。術後の生活で神経痛が発生しないようにするために、神経の温存を重視しています。

そけいヘルニア Q&A

手術後の痛みを強く感じるというのは、体質ですか?
特にそういうことではありません。一般的に若い方や男性は敏感なので、多少強く感じることはあると思います。逆にご高齢であると感じ方が弱まりますから、楽でしょう。
りらく記事7 写真2

考えられる合併症は、小さな範囲のものがほとんどといっていいでしょう。大きい症例は何千例に一つくらいの確率なので、心配しなくて大丈夫です。シートを使うようになった現代では殆どゼロに近いのが現状です。術後の痛みには個人差がありますが、70 歳以上の方では、全く痛みがないということもあります。1週間分の痛み止めを処方しますので帰宅後からきちんと飲んでください。痛くなってからの服用では効果が出るまでに時間がかかるので、くれぐれも忘れないようにしてください。

8

そけいヘルニア手術当日の流れ鎮痛剤の重要性

平日の手術は午前中に2回(①8:30 来院9:00 開始 ②10:00 来院 10:30 開始)行われます。

当日の朝は7:00 までに軽く食事を済ませ、常用薬もいつも通り服用してください。常用薬を服用していない方も軽食程度はとるようにしましょう。空腹状態ですと、若干の緊張でも血圧の下降や気分が悪くなることが考えられます。逆に満腹状態も良くないので避けてください。

術衣に着替えて手術室に入ります(手術は 30 分~1時間)。終了後、回復室で1~2時間ほど休憩した後は普通に立って歩けます。目が覚めて最初にベッドから立ち上がる時はナースコールで看護師を呼んでください。一緒に歩いてフラフラしないことを看護師が確認できれば帰宅できます。帰宅後、日常生活はもちろん、事務などの仕事は可能です。力仕事は、1週間程度避けてください。

帰宅した日の就寝前から鎮痛剤の服用を始めます。鎮痛剤の他に、痛みが強い場合のための座薬、胃薬を1週間分処方します。痛みの強さに関わらず1回目は座薬も併用すると翌朝の体調が楽になるでしょう。翌日からは朝晩2回の鎮痛剤の服用が基本になります。痛みが気にならない場合でも必ず服用を続けてください。痛みが出てからでは効用に時間がかかり、体に負担をかけてしまいます。常用薬も普段通り服用してください。

手術後、目が覚めて落ち着いたら回復室で昼食をとっていただくこともできます。お弁当持参、またはお弁当配達の予約を朝の9時まで受け付けておりますので、ご希望の方はお知らせください。

当日夜のシャワーは傷口をこすらないように静かに行ってください。入浴は3日目から可能です。お酒はたしなむ程度は大丈夫です。

そけいヘルニア Q&A

手術後、家に帰ってからの体調の変化が心配なのですが。
気になる症状があれば、クリニックの携帯電話へご連絡ください。24 時間受付けておりますので、夜中の出血や痛みなどは翌朝まで我慢しないようにしてください。動けない状態であれば往診に伺います。留守番電話のメッセージには折り返しご連絡いたします。
手術当日は車で行っても大丈夫ですか。
1時間圏内の距離まででしたら、とお伝えしております。
りらく記事8 写真1

「手術後の抜糸はありません。鎮痛剤を忘れずに飲んで、1週間後に来院してください」

*当日は手術の同意書(印鑑捺印)と保険証をお持ちください。また、生命保険の手続きをご希望であれば、当日書類をお預かりして1週間後の診察時にお渡しいたします。郵送も可能です。

りらく記事8 写真2

4年前にそけいヘルニアの手術を受けた、開院後最初の患者さんと。自覚症状を感じながらもなかなか受診できずにいたところ、村田先生の存在を知ってクリニックを訪れました。「先生は自然体で、安心してお話しできました。第一印象ですぐお願いしようと思いました」。何でも聞いてもらえる、と気持ちが楽になったのがとてもうれしかったそうです。

手術について詳しく説明を受け、実際に使用する医療用シートの確認もして手術に臨みました。手術中の先生からの声がけは力強く、励みになったと笑顔で教えてくれました。当日のお昼前に帰宅され、6日目にはお仕事にも復帰されました。今でもクリニック 24 時間対応の電話番号を大切に保管されているとのこと。ドクターに寄せる信頼の大きさがうかがえました。

9

そけいヘルニア自宅での過ごし方と術後の外来診察

そけいヘルニア日帰り手術は入院の必要がなく、自宅療養なので、ベッドだけで過ごす制限がありません。前日夜の鎮痛剤と坐薬の効用で痛みも楽になるので、手術翌日からいつもとかわらない日常生活を送ることができ、ストレスなく過ごせます。ご高齢の方の場合、横たわっている体勢を続けると体力が弱ることも考えられますので、負担のない範囲で動いた方がいいでしょう。

朝食は普段通りのメニューを召し上がっていただけます。はじめの1週間は軽めの家事や座って行う軽作業などは差し支えありませんが、重い荷物を持つ力仕事や激しい運動はさけてください。鎮痛剤を朝晩の2回必ず服用し、腹圧をかけないように過ごしてください。

そけいヘルニアは、原因として組織が弱くなりやすい体質や遺伝も考えられ、再度、手術した患部の反対側が脱腸するおそれがあります。再発防止のためにも食事はなるべく消化の良いものをとって、おなかに力が入ってしまう便秘を予防し、散歩などをして肥満予防に努めましょう。特に術後1ヶ月位は水分を少し多めにとることを心がけましょう。2週間後からはどんな運動も大丈夫です。

1週間後の診察は傷口の化膿の確認をしますが、抜糸はありませんので平日に来院できない場合は週末の土日でもかまいません。その時点で痛み止めが必要であれば1週間分を処方します。1ヶ月後に再発がないことを外来で確認して終了です。その後、気になる症状があった場合は、クリニックの 24 時間受付の携帯電話にご連絡ください。

(生命保険の手続き書類は手術当日にお持ちください。1週間後の診察時にお渡しします。郵送での返却も可)

そけいヘルニア Q&A

海外からの帰国に合わせて手術を予定しています。1週間後の診察を受けられないと手術は不可能ですか。
いいえ、大丈夫です。1週間後位に患部の写真を撮ってメールで送ってください。アップ目と少し引いた全体的な写真があると助かります。国内でも遠方の方とはメールでのやりとりをしています。 
りらく記事9 写真

「術後の痛みは個人差があります。痛みが弱い場合でも、思わず激しく体を動かしてしまうということがないよう1週間は気をつけてください。長時間の立ち仕事にも注意し、くしゃみ、咳はできるだけ小さく押さえ気味に。喫煙は細胞の組織をもろくするのでリスクが高まります」

10

そけいヘルニア金曜日夕方6時からのイブニング手術

平日の日帰り手術と並行して、土日・祝日にそけいヘルニアの手術を行っているほか、毎週金曜日には、夕方6時からのイブニング手術も実施しています。

仕事帰りなど、夕方5時 30 分まで来院していただき、術衣に着替えて6時には手術開始。手術は 30 分~1時間で終了し、回復室での2時間程度の休憩後には普通に立って歩けます。看護師が一緒についてしっかりと歩けることを確認した後、9時頃には帰宅できますので終電にも十分間に合います。夕食後の鎮痛剤は、帰宅後か持参したお弁当等を院内で召し上がってから服用してください。帰宅後のシャワーは可能です。患部をこすらないように静かに浴びてください。湯船に浸かれるのは術後3日目からになります。また、リラックスのためのビール1本程度なら楽しんでいただいて大丈夫です。痛みが軽い場合でも、就寝前の坐薬は忘れずに。当日夜はゆっくりお休みください。

金曜日夜の手術後、土日の2日間を静養にあてられるイブニング手術。仕事を休まなくても手術を受けられるので、多くの方に喜ばれています。また、家事と子育てで手術の日程を組むのがむずかしい主婦の方も、ご主人の休日に合わせられるので安心して手術に臨んでいただけると思います。毎月最終金曜日のプレミアムフライデーがスタートしたことで、さらにご利用しやすくなったことでしょう。

イブニング手術、そして土日・祝日の日帰り外科手術は、術後の日常生活の不自由さを少しでも軽減できるようにご提案しております。事情に合わせて、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア Q&A

夕方からの手術の場合、常用薬の制限はありますか。
手術当日の常用薬は、昼食のあと、食後・食間とも普段通りに服用してください。血液をさらさらにする抗血小板薬も服用可能です。手術前におなかが空かないよう、午後3時までなら軽食をとっていただいて大丈夫です。
りらく記事10 写真

「7時頃に手術は終了して9時前後には帰れますので、終電にも十分間に合います。手術したその日のうちに帰宅して、ご自宅でゆっくりと過ごせる日帰り外科手術は、心身ともにホッとできると思います」

11

そけいヘルニア再発の手術と特殊なヘルニア

むらた日帰り外科クリニックでは、当院以外でそけいヘルニア手術を受けられた患者さんの再発手術を日帰り手術で行っています。再発は、患部を覆ったメッシュのずれや覆いきれなかった隙間から弱い筋幕が出てきて、患部周辺にふくらみが再度出てくることで気がつきます。加齢、生活習慣、ハードな力仕事などで、弱っている箇所に負担がかかってしまうことも要因です。特に痛みがある場合は再発の可能性が大きいので、早めの手術が必要になってきます。再発の処置には慎重な判断と熟練した高度な技術が必要です。先の医療機関での手術の際のメッシュの使用有無など手術の内容をしっかりと確認し、そのうえで方向性を決定します。患部の範囲を正確に確実にメッシュで覆うことにより、その後再発に至らない日帰り手術を行っています。そけいヘルニアの再発率は、従来の筋肉を縫い合わせる手術では 10%程、現在のメッシュ(人工補強材)を使用する手術法では1%以下になっていますが、当院ではこれまで再発に至った症例はありません。

また、押しても腸がもどらない、または突出する際に痛みがでる特殊なヘルニアのかんとん症例には、さいヘルニア(でべそ)、大腿ヘルニア、手術の際にできる小さい腹壁はんこうヘルニア(術後の傷口から腸がでてくる状態)などがあります。そのような症状にも、条件が適えば日帰り外科手術を行っています。

再発は過度な腹筋運動なども関係してきます。特に再発した場合はなるべくおなかに力を入れない生活を送ることと、運動はウォーキングなどの有酸素運動をおすすめします。

そけいヘルニア Q&A

足の付け根が腫れてますが、そけいヘルニアですか。
その可能性はありますが、必ずしもヘルニアとは限りません。そけい部のリンパ節が腫れている場合もあります。判断がむずかしいこともありますから、症状の種類など関係なくお気軽に来院ください。
りらく記事11 写真1

再発は1ヶ月後、または1年後に発症することもありますから、必要以上の力をおなかにいれないように心がけてください。筋幕が弱い方は反対側にも発生する確率も高くなります。便秘、咳、くしゃみなどにも気をつけてください。喫煙は組織をもろくさせるのでリスクがあがります。

りらく記事11 写真2

在宅医療チームのみなさん。診察、在宅ケア、薬、栄養など、患者さんとご家族の方々の心身をチームワークで支援。

12

在宅医療で活躍爪の専門家福祉ネイリスト

東北初の日帰り外科手術を始めた「むらた日帰り外科手術・woc クリニック」。入院をしない時短医療の提供と並行して、往診、在宅ケアにおいても質の高い医療に取り組んでいます。在宅患者さんや施設から特に要望の声が多いのが爪の悩みです。深爪、爪水虫、深爪、また肉まで切ってしまった箇所から入る菌などがありますが、なかでも巻き爪は痛みを伴い、カットもむずかしいものです。爪は内側に巻く性質があり、指に圧力がかからない寝たきりの生活が続くと爪がバネのように開かなくなります。そのために指の肉に食い込むように爪が巻いてきてしまい、手術が必要な場合は在宅で手術を行うことになります。そこで、そのような爪の様々な病的疾患に向き合うのが、爪の正しい知識と技術を持つ「福祉ネイリスト」です。例えば、進行した水虫の爪は厚くなって固くなり、家庭用の爪切りでは無理な力が入って怪我につながることも。爪のカーブに沿って切るためには医療用ネイルニッパーで丁寧にカットし爪やすりで整え、凹凸の深いところは機械のグラインダーで滑らかに仕上げます。さらに家族の方にも爪の正しい切り方をレクチャーしてくれるので、正しい知識で日々のお手入れがずっと楽に。間違った対処が原因でおこるトラブルを未然に防ぐ為にも、福祉ネイリストのきめ細やかなケアへのニーズは増えていくことでしょう。

医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士などで臨む在宅医療、そして外来診察。むらた日帰り外科手術・WOC クリニックは、各スペシャリストが集まったチームで様々な角度から病気を診ることで、患者さんのために最大にでき医療に取り組んでいます。

12 回に渡り “Dr. 村田の HGS!” をお読みいただきまして、読者のみなさま1年間ありがとうございました。

りらく記事12 写真1

ネイリストとして活動してきた小磯麻有さん。9年の経験から胸にわき上がってきたのは「オシャレのためのネイルと同じように、さらにこれからは爪のトラブルで困ってる人を改善してあげたい」という思いでした。習得したプロ認定の福祉ネイリストの知識で「患者さんの役に立てることが、心からうれしい」と話す小磯さんの笑顔と、「家族のみなさんに正しい知識を正しく伝えてほしい」と期待を込める村田先生

りらく記事12 写真2

外来診察と在宅医療の両輪で、患者さんの “今” に必要な医療で応える村田先生。「良性の小さなものだからこそ再発させないように」と、そけいヘルニア、下肢静脈瘤、皮膚のイボ、痔、ほくろ、脂肪腫、粉瘤、乳腺良性腫瘍等の多くの日帰り外科手術を土日、祝日も行っている。「話をおだやかに聴いてくれる、優しいドクターに出会えてよかった」と患者さんからの声が多い

当院の看護師がDSコーディネーターに認定されました

dscoordinator試験合格証

当院の看護師がDSコーディネーターに認定されました。DSコーディネーターとは日帰り手術に対する不安・疑問などを患者と同じ目線でお話し、心・生活をケアすることをサポートできる資格です。医師に相談できない細かな悩みなどにも親身に寄り添っていきます。

診療予約・ご相談など
お気軽にご連絡下さい
看護師随時募集中 お気軽にお問い合わせ下さい